スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年04月27日

119FS Key West & 493FS Real Thaw

こんにちは!Luke GETSNOです!!

最近入手したアメリカ空軍のパッチをご紹介します。



ニュージャージー州アトランティックシティ州空軍基地に本拠地をおく119th Fighter Squadronが今年の始めにフロリダ州キーウェストに展開した際の記念パッチです。

ANGの記念パッチは作られる数が少ないためか?入手する機会が少ないのですが

今回はパッチをオーダーした部隊の担当から直接入手できました。

デザインは『軍モノ』らしさがないカジュアルなものになっています。



こちらはここでも良く紹介するイギリスのレイクンヒースに展開するF-15C部隊493rd Fighter Squadronのパッチです。



この2枚は今年の2月22日から3月4日の間でポルトガルで行われたExercise Real Thaw 16への参加記念パッチです。

Exercise Real Thaw (雪解けの意味)は毎年ポルトガル軍がホストとなって行われるNATO軍の演習で今年は493FSが参加しました。

493FSはこだわりがあるのか、いつも通常のパイロット用と指揮官用の2種類を用意していて、

今回も(画像ではわかりにくいかもしれませんが)左が黄色縁の通常パイロット用、右側が金色縁の指揮官用のパッチを作りました。


最後までご覧いただきありがとうございました。  

Posted by Luke GETSNO at 22:18Comments(0)PATCH USAF戦闘飛行隊

2016年04月04日

日付ネタ

こんにちは!Luke GETSNOです!!

今日は4月4日という事で日付ネタです。

44といえば私たちにもなじみの深い飛行隊、嘉手納基地に駐留する第44戦闘飛行隊から2枚ほど



このパッチは、築城基地で44FSが移動訓練を行った際の記念パッチ。


ここ数年米軍との共同演習が各自衛隊基地で行われるようになり、各地の自衛隊基地で米軍機が見られるようになりました。

パッチの中身は"BUILDING BRIDGES & CUTTING CABLES"『橋を作ったり、ケーブルを切ったり』のフレーズと"BEST TDY EVER"『いままでで最高の出張』の文字が

基本的にパイロットの仕事は飛ぶことですが、『橋を作ったり、ケーブルを切ったり』していることが多かったTDY(Temporary Duty=軍隊用語の出張)は決して『最高』の物ではなかったのではないでしょうか(笑)。




こちらはF-15イーグルでの飛行時間を記念したパッチ。通常1000HRや2000HRなど戦闘機パイロットとしてのマイルストーンを記念してメーカーのボーイングなどから支給されることも多いようですが

こちらのパッチは飛行隊の数字をもじったバージョンで飛行時間444時間達成を記念したものです。

444時間というと若手のパイロット、ランクでいうと1Lt(中尉)レベルでしょうか。

戦闘機パイロットの場合は通常の訓練ミッションで1時間程度、戦地への展開などで飛行時間を稼ぐこともありますが基本的に1回あたりのフライト時間は長くありません。

民間のパイロットや輸送機のパイロットなど航続距離の長い機体を操縦するパイロットとは違ってまた特殊です。


最後までご覧いただきありがとうございました。  

Posted by Luke GETSNO at 22:44Comments(0)PATCH USAF戦闘飛行隊