スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年09月04日

オファット空軍基地 エアショー その5

こんにちは!Luke GETSNOです!!
前回までオファット空軍基地のエアショーに参加したF-22を紹介しましたが、本日はB-1B爆撃機を紹介します。
飛行展示はありませんでしたが、地上展示に1機が参加しました。


所属は第7爆撃航空団第9爆撃飛行隊(7th Bomb Wing/9th Bomb Squadron)で、オペレーショングループの隊長機に指定されている機体でした。



シリアルナンバーは85-0073で、機首左側にはノーズアートも描かれていました。



9thBomb Squadronのニックネームは『Bats』で部隊のモチーフは蝙蝠です。ノーズアートに描かれたのは『Dark Knight』の文字とバットマン。2008年に公開された映画を基にしています。


アメリカのエアショーでは地上展示機も機内を積極的に公開していて、日本での航空祭とは違い戦闘機でも大型機でも周囲にロープを張ることがないので触り放題です。ということは、地上展示を撮るのが難しい。。。という難点があります^^;



特にB-1Bは戦術機らしくタラップ車などの地上の支援が無くても運用ができるように設計されていて、クルーは前脚の後方にあるタラップから乗り込みます。機内公開をするとそこに列ができるので写真もご覧のとおり。



それでも近づければそれなりの発見もあり、最近の米軍機でスタンダードとなったスナイパーXR(AN/AAQ-33)が搭載されている様子が見れたりました。




ブログ的に入手したパッチはこちら。左下はB-1Bを運用する飛行隊のパッチをデザインしたGaggleパッチ。左上のPEACEパッチは『昔ながらの平和的手法』とでも解釈すればよいでしょうか。B-1だけでなくB-52などの爆撃機コミュニティでよく使わられるデザインです。



右はB-1BをモチーフとしたのACCパッチ。昨今のアメリカ空軍の再編の中で、B-2とB-52は新設されたコマンド(Air Force Global Strike Command)に編入されましたが、B-1に関してはコマンドの移動は無くACCに所属しています。



クルーに関しては9BSのみではなく、姉妹飛行隊のメンバーもおり、パッチを売っていました。右は7BWの航空団パッチで左側は傘下の28BSのパッチです。


最後までご覧いただきありがとうございました。  

Posted by Luke GETSNO at 23:58Comments(0)PATCH USAF爆撃飛行隊SPOTTING

2014年09月01日

オファット空軍基地 エアショー その4

こんにちは!Luke GETSNOです!!
F-22デモチームは単機でのデモフライトの他に、レストアされた大戦機などとフライパスを行う『ヘリテイジ・フライト』と呼ばれるミッションがあります。


今回はP-38ライトニングとのデモフライトで、『OT』・『WA』ともにフライパスを行いました。



こちらは今回のエアショーで入手したF-22デモチームのパッチです。右がパッチで左はステッカー。パッチは1枚$10。ステッカーは整備員が観客に配って歩いてました。


会場ショーセンターに設営されたブースでパッチやTシャツ、帽子などを売っていました。一番右の人物が今年のF-22デモチームのパイロット、John "Taboo" Cummings大尉です。



次回に続きます。。。  
タグ :F-22

Posted by Luke GETSNO at 01:13Comments(0)PATCH USAFSPOTTING